肩こり対策【カバン】

「カバン」も肩こりを引き起こしてしまう原因の1 つとなります。その為に適切なカバンの持ち方をすると言う対策が必要となってくるのです。
どうしてもカバンを持ち歩く時って持ち歩きやすい方の手と言うのが有りますので、同じ方で持ってしまいますよね。ずっと同じ方でカバンを持って歩いていると持っている方の肩がどうしても上がってきてしまいます。後ろから見ると持っている方の肩甲骨が高くなっている事が分かります。その為に左右の肩の筋肉の発達がアンバランスになってしまいます。それに合わせて背骨も歪んできてしまうのです。
こうした片側でカバンを持つと筋肉疲労性の肩こりになってしまう場合が多いです。こうしたカバンによる肩こり解消対策としては、カバンを片方だけじゃなくて交互に持つとか複数荷物を持っている時は両手で持つ様にす
るとか工夫をする事が大切になります。
また一番良いのはリュックみたいな両方の肩に均等に負荷がかかるタイプのカバンです。これだと左右均等になりますので肩こりになりにくいのです。
しかし重すぎたり、前傾姿勢になったりしてしまう可能性も有りますので注意が必要です。
ショルダーバッグも同じで片側の肩だけに負荷がかかって、荷物の重さは逆側に有るのでアンバランスな重さのかかり具合となってしまいます。カバンの持ち方1 つで肩こりが解消されたり予防されたりするのであれば是非試
しておきたい対策法ですよね。最初の内は逆側の手で持つのは持ちにくいと思いますが、それも馴れれば大丈夫だと思いますので是非続けてみてください。

 

肩こり対策【カバン】